祈(Inori)
?歳
?型
身長:165cm
B:86(?カップ)
W:57
H:93
本日出勤
※画像をクリックすると拡大表示が見れます。

初めまして、祈と申します。 日々妄想している欲望を、私の前では曝け出してみない? 情け無く堕ちていく姿を私にだけ見せて。 きちんと躾けてあげるから。 逃げ場の無い空間で、特別な時間を過ごしましょう。

祈(Inori)の投稿!!写メ日記



  • スタンダードな



    今日はSpankyに入店してから一番と言っていいぐらい、スタンダードなこれぞ「SM」というプレイをしてきました。


    まだまだ新米女王様の私と、20年の筋金入のマゾ。
    スタンダードなSMプレイから派生したフェチの起源や、プレイ一つ一つの意味だったり…本当に勉強になりました。



    今日はプレイの合間に少し休憩を挟んだり、その間SMのお話をしたりでしたが…
    次は私が首輪を掛けてから、最後首輪を外す瞬間まで。
    主従関係を明確にした、伝統的なSMプレイをしましょう。



    とっても礼儀正しく、お話も上手で。
    貴方好みの女王様になれたら、きっとどんなマゾも飼い慣らせるんだろうな…と思うけど。
    貴方を私好みのマゾに躾けたいよ。

    今日はありがとうね。



  • 呼吸管理拷問



    新入社員のNくんを指導すると言う口実で呼び出し、マゾである事を見破った私が徹底的にお仕置きするストーリープレイ。


    仕事ができないNくんを指導しているのに、乳首に指が触れると感じてしまう。
    「指導されているのにその態度は何…?反省してないの?」

    何度もビンタされ赤くなった頬。

    手足を拘束され身動きが取れなくなったところ、私のお尻で呼吸を奪われる。
    苦しくジタバタしても御構い無し。
    やっとお尻から解放され酸素を吸い込んだのも束の間、また呼吸を奪われる。
    何度も何度も繰り返し、ちゃんと反省したかしら…?とまた体に触れると、虚しくも反応してしまう。

    「まだ反省できてないようだね」


    またビンタが飛び交う。
    反抗的な目、そして私を挑発する言葉。
    もうそんな態度取らせないよ。

    私の太ももの間には生首みたいな顔面があり、絞められたそれはどんどん赤黒い色に変色してくる。

    解放したら、本気で謝るまで何発も何発もビンタ。
    言葉を発する間も与えられず、無自覚に何発も受けてしまったね。

    馬乗りになって力いっぱい首を締めて、この時もうこのまま死んでもらおうか。と私の中で小さくサディストの炎が灯ってしまったんだよね。


    けど本気で怖がるNくんの姿がなんだか滑稽でね、殺さずまたこの時を過ごしたいなと思ったから。


    次東京にはいつ来るのかな?
    また力いっぱいビンタして、をつねって、首を締めて、呼吸管理させてね。




  • 綱引き奴隷



    この前遊びに来てくれた変態くん。

    乳首も金玉もちんこもすごく感じますとの事で、私のやりたい放題に遊ばせてもらっちゃいました。


    乳首にクリップ付けてグリグリ回して遊んで、ちんこに鞭を打ったり、金蹴りしたり、パンストで亀頭をグニグニしたり。

    もう金玉もちんこも必要無さそうだったからロープで縛って力一杯引っ張ってみたんだけど、まだ覚悟が足りなかったみたいで…次は金玉とちんこが引き抜けるまで引っ張っちゃうからね♪


    太ももで首を絞められるの、すっごく気持ちよかったみたいだね。
    半分あの世に逝っちゃってた?


    プレイ中に撮影した写真を見返してみると、楽しそうに笑ってる私の姿がかなり多くて……また東京に来る時タイミングが合ったら遊ぼうね。
    また私の玩具になってね。



  • 続 SMクラブ初体験



    先日SMクラブ童貞を卒業した青年が、早くも二度目のお遊びに来てくれました。

    意図してかは分からないけど今回は前回よりも広めの部屋を選んでくれていたのも、気遣いができる事に関心。


    前回はボンテージ、ストッキング、靴は無しをリクエストしてたけど、今回は下着、ストッキングなし、パンプスでリクエストしてくれて、色んなシチュエーションを楽しもうとしてるのが分かって私も嬉しかったよ。


    今回は前回は使わなかったアナル関連の玩具を試したいとの事。
    着々と穴奴隷としての階段を登って行ってるね。


    シャワーを浴びてもらい出てきたお前はまたギンギンに勃起して。
    ただ一見すると特別興奮してる様にも見えず、礼儀正しく「よろしくお願いします」と言っているのに、下半身だけそんな状態になっているのはある意味狂気に感じたよ。


    「奉仕をさせて頂きたいです」との事で、まずは足を奉仕させる。
    正面部分だけ何度も同じ様に舐めてるだけではダメ。
    上手に奉仕が出来ないと鞭が打たれる。
    お前は鞭が打たれるとマゾのスイッチが入るのかな?

    首輪を付けて、手錠を掛けて、ボールギャグを付けて頭はうつ伏せに押し付けた状態で、淫乱なお尻を私に差し出していたね。


    うつ伏せにさせられた目線の先には、これから使われる玩具の数々。

    指で淫乱なケツマンコをかき回して、また犬の様に、言葉にはならない絶叫の様な声。

    お前の絶叫を聞くたびに、この声が聞きたかったんだと私の気分も高揚したよ。


    前立腺を刺激し続ける指から解放し、ホッとさせる訳もなく初めての玩具へ。

    「アナルパールは何個入るのかな…?」なんて言いながら挿入するも、淫乱なケツマンコはスルスルと吸い込んであっと言う間に全て入ってしまった。

    スイッチを入れるとまた漏れ出す淫らな声。
    こんな声、私以外の他の誰にも聞かせられないね?
    エネマグラは初めは少しキツいかも…と言っていたけど結局は快楽に叫びまくってたね。


    そして、使ってみたいとリクエストしていたペニバン。
    今回は始めてだから短小サイズのペニバンだったけど、しっかり開発出来たらあの時見せて巨チンを挿れてあげるからね。


    バックで何度も何度も突かれて、叫んで。
    正常位で顔を見られながらまた何度も何度も突かれて叫んで。
    「おかしくなっちゃう…おかしくなっちゃう…」ってボールギャグのせいで言葉にならない声を出してたの聞き逃さなかったよ。


    まだ2回目、ましてやペニバンは初めてだったのにこんなに感じちゃってたら、これからどうなっちゃうの?
    お前がどっぷりSMの世界に浸っていくのが楽しみで仕方ないよ。

    私もまだまだ新米女王様で、お前も、私が初めてのSMの相手で。
    私の形にハマるマゾに育てていくのが本当に堪らないよ。

    お前とプレイをして数日経って、次はどんな事をしようかな、こんな事をしたらまたお前は顔を歪めて叫びながらも快楽に堕ちていくのかな…って考えてしまってる自分がいるよ。

    アンケートも、いつも丁寧に送ってくれて本当にありがとう。
    今回の分もスタッフさんから受け取りました。


    またプレイ出来る日を心待ちにしてるね。
    お前も次はどんな事がしたいか、考えておいてね。




  • セクハラ上司を制裁



    「祈ちゃん、最近全然真面目に仕事してないじゃないか。会社のみんなからも悪口言われてるよ!」

    私真面目に仕事してます!悪口言われてるなんて…

    「僕の言う通りにすれば大丈夫だから!」

    ちょっと…!先輩辞めてください!どこ触ってるんですか!セクハラですよ…!

    「セクハラじゃないよ!祈ちゃんの事を思って…!」

    辞めてください…!セクハラじゃないなら何でこんな所が大きくなってるんですか!

    「いや…これは違うんだ…!」

    私の事いやらしい目で見てるじゃないですか!

    「いやらしい目でなんて見てないよ!誤解だよ!」

    ほら!こんな包茎ちんこ…もう勃たせてるじゃないですか!

    「ちょっ…!何してるんだ!それは何だ…!」

    セクハラしてくる先輩の手に手錠を掛けてるんですよ!これで何も出来なくなったでしょ?!

    「やめろ…!セクハラなんて…!」

    そう言いながらもさっきより硬くなってますよ…?興奮してるんですか〜?

    「やめろ!あっ…」

    乳首触られると感じちゃうんですか〜?

    「違う…!感じてなんかない!」

    へぇ〜けどちんこはもうこんなになってますよ〜?先輩、足でされても感じちゃう変態だったんですか〜

    「あっ…違うんだ…!」

    先輩が手も足も拘束されて感じちゃってる変態だって事、この姿を写真に撮ってみんなに送っちゃいますね〜?ほら、写真撮ってますよ〜?

    「変態じゃない!写真を送るなんて辞めろ…!」

    変態じゃないならどうしてこんなに我慢汁が出ちゃってるんですか〜?

    「我慢汁なんて出てないよ!祈ちゃんの汗じゃないのか?!」

    私汗なんてかいてませんよ?ほら?シコシコしたらどんどん溢れてきてますよ〜?

    セクハラしてきた罰ですよ。お顔の上に乗って呼吸出来なくしてあげますね〜!

    なんですか〜?ジタバタしないでくださいよ。ほら、乳首触られると感じちゃうんですよね〜?

    「…ッブハァ…!やめろ!感じてなんかない!」

    まだそんな事言うんですか…じゃあ太ももで締めちゃいますね〜!

    「…ッウ…!はぁ…はぁ…死んでしまうだろ…!!」

    死なせませんよ。ちゃんと生かしたままセクハラの罰を与え続けますからね!

    あ、先輩こんなところに良いものがありましたよ♪
    これ何か分かります?

    「それは女の子に使う電マだな…」

    よく知ってますね〜じゃあこれをこうして…
    ロープで固定しておいてあげますね。ほら!

    「あああ〜!!やめてくれ!許してくれ!」

    もうセクハラしないって約束しますか?

    「約束するよ!祈ちゃんにはセクハラなんてしない!」

    私にはってことは他の人にはするって事ですか…?
    もっとキツいお仕置きしなきゃダメみたいですね…

    「何をする気だ…?」

    先輩は黙って自分で電マ当てていて下さい。
    体もロープで縛っちゃいますね。

    あら〜?素直にちゃんと電マ持ってるんですね…やめろって言いながらも気持ちよくなっちゃったんですか?

    体縛られてさっきよりも硬くなってますよ〜?

    「いや…これは…違うんだ…」

    そうですか〜やっぱり先輩、全身縛られて電マで感じちゃう変態だったんですね。
    会社の社長にも先輩が変態だった事この姿の写真送っておきますね!

    「やめろ…!社長には言うな!変態じゃないんだ!」

    そうですか〜?じゃあ全然気持ちよくないんですか?
    そんな事言ってるとまたお顔の上に乗っちゃいますよ〜?

    ほら息できないでしょ〜?
    お顔に乗ったらやっぱりさっきよりも硬くなってますよ〜?
    シコシコしたらすっごい我慢汁が出ちゃってますよ〜?

    「…ブハァ!…あっダメだ…イッちゃう…!」

    もう誰にもセクハラしないって約束して下さい。

    「約束するよ…!あっ…手を止めないでくれ…!イく…!」



    -完-


    私にセクハラするなんて身の程知らずもいいところだね。
    もうセクハラなんてしちゃダメだよ!




  • SMクラブ初体験



    すごく礼儀正しい青年。
    あまり経験が少なくて…と言っていたけど、Mの素質抜群だったね。

    「色々興味があるので試してみたい」との事で。
    そんな感じだからソフトな感じに色々楽しんでもらえたら良いかな〜なんて思ってたけど、逆に私が甘かったね。笑

    シャワーから出てきたお前は既にギンギンに勃起させて。
    待ってる間色々妄想しちゃったのかな?


    ボールギャグを着けて言葉の自由を奪って。
    首輪を着けて人間らしさを捨てて。


    人間馬の様に扱われ私が体の上に座って、しっかり立ってられないとお仕置きに鞭を打たれる。
    「気持ちいいです」って言葉にならない呻き声を発して、お仕置きなのに意味ないじゃん。笑


    アナルも興味があるけどあまり経験が無くてと言っていたけど、指で軽くなぞるだけで犬みたいに鳴いてたね。

    一番細い小指から、人差し指、中指と徐々に穴を拡げて、前立腺を刺激されると四つん這いにさせられた脚までビクビク震えちゃって。

    手も脚も拘束されて、乳首とアナルとちんこ全てを玩具にされちゃったね。
    白目を剥きながらビクビク震えて、そんなに気持ちよかったの?


    すごーく敏感な体で、実はSMクラブも初めてだったとは思えなかったよ。
    余韻に浸ってくれていたけど、私もすごく楽しかった。
    SMの世界はどうかな?これから立派な犬に育ててあげたいな。

    また遊ぼうね。




  • 煙草プレイ。灰皿奴隷。



    私が煙草を吸ってるのを見て興奮して、煙を吹きかけられたら顔を真っ赤にして目は虚ろ。

    敏感な乳首を弄られて、堪らず自分でシコリ始めちゃって。


    口は灰皿として差し出して、灰を捨てたり、火を消したり。
    こんな扱いを受けても興奮しちゃうマニアックな性癖に私もテンション上がっちゃったよ。


    アナルも犯されたい変態で、指で少し弄られるだけでもメスみたいな声で鳴いちゃって。
    ガバガバなケツマンコだったから指2本入れて犯されると勝手にイッちゃいそうになって。
    勝手にイッちゃダメってビンタされてもまた目は虚ろになるし。


    何度も「おかしくなっちゃいそう」「壊れちゃいそう」って言ってたけど、もう既に壊れちゃってたね。

    「許してください」って言いながら逃げて土下座して。
    許さないよ。
    頭を踏みつけられながら鞭でお仕置き。


    乳首を弄られてながらアナルを犯されて、ちんこは扱かれて。
    追い討ちで煙草の煙を吹きかけられて。
    だけど勝手にイくのは許してもらえない。
    何度も泣きそうな顔になってたのが最高だったよ。


    最後は口で煙草の火を消してイッちゃったね。
    お前は私専属の灰皿奴隷だよ。

    ペニバンは少し痛かったみたいだから、次はペニバンでも犯せるように開発もしないとね。


    また遊ぼうね。



  • 次回、ボコボコにしてやるね



    匂いフェチ、そしてちょっぴり甘えん坊な変態。
    おちんちんも赤ちゃんみたいな皮被りだからこんなに甘えちゃうのかな??

    ブログ書いて下さいって自らお願いしてきたね。
    更新お待たせしました。
    私的に写真はすごくお気に入りの3枚だよ。


    唾吐きかけられたり垂らされたり、乳首を弄られるとすると興奮して、その赤ちゃんみたいなおちんちんを大きくさせて。
    乳首に噛み付かれても喜んじゃって。

    私の局部や脇はいい匂いがした?
    次はブーツで蒸れムレになった足の匂いも堪能させてあげるね。


    最後は私に手コキされたいって言っていたのに、結局自分でその汚い皮被りちんこシコってイッちゃったね。
    醜い姿が最高だったよ。


    絞め技や本気で蹴ったりは、今までなかなかリクエストしてくれる奴隷が少なかったから練習台に身を差し出してくれてありがとう。

    次はボコボコにして良いんだよね?
    お前が泣いて「もう辞めてください」って言うまでボコボコにするから、覚悟してきなよ?
    私も体鍛えて待ってるね。




  • 私の玩具。



    「僕にそんな権限はないので」と。
    私に玩具にされに来たのね。


    シャワールームから出てきたお前は黒のエナメルの卑猥なパンツを履いて、私に玩具にされたいのがよく分かったよ。

    手を付いて額を付けて挨拶した姿で、お尻だけはすっぽり丸出しのパンツから、アナルも丸見えで。
    汚い毛がたくさん生えてたから、手で引き抜いてあげたよ。
    ふわふわの柔らかい毛は引っ張ると皮膚も一緒に引っ張られて。
    「痛いです…」って声が聞こえた気もするけど、気にせず沢山抜いて、ティッシュの上に並べた見せてあげた。
    本当は全部抜いて綺麗なツルツルのアナルにしてあげたかったけど、沢山生えすぎてたから無理だったわ。笑


    やっと体を起こして、正面に正座させて、卑猥なエナメルのパンツをまじまじ見て。
    あれ…なんか乳首だけ寂しそうだね。って思ってクリップで挟んであげようとしたら、乳首の周りにも毛が沢山生えてるの。
    乳首の毛も毟って、口にパラパラ落としてあげたら「美味しいです…」なんて言うんだもん。
    アナルの毛も食べさせてあげれば良かったね。


    また四つん這いにさせて、毛を毟られて少しだけ綺麗になったアナルを責める。
    四つん這いのまま、少し体が震えて、「痺れてきました…」の声。

    今度はアナルの中も綺麗にしてあげたよ。
    苦しくなったら言ってね。そこから10本入れるから。
    って先に言ったのが甘かったね。
    早々に「苦しいです」って言ってきたから、満タン10本と最後に空気も入れてあげたよ。
    苦しそうに顔を歪めてるけど、ここから我慢するのが本番。
    苦手な乳首クリップを引っ張って、パドルでお尻を叩いて、ビンタして、お腹を殴って、蹴って。
    じゃあ後10回我慢しなさい。と言ってから2回しか耐えられなかったなんて。情けないね?
    私の事楽しませてくれる玩具なんじゃないの?



    聖水シャワーを浴びせるも、上手に受け止められないで噎せてしまうし。
    その後同じ様に私の口から水を垂らして飲ませてあげた時は上手に飲めたんだから、次は聖水も上手に飲んでよね。


    最後、初めてエナメルのパンツを脱がして、私の足でほとんどオナニーの様に体を押し付けて腰を振ってたね。
    発情期の犬みたいに、「気持ちいいです…気持ちいいです…」って言いながら腰を振って。
    私の事を玩具みたいに扱うなんて許せなかったから、自分で苦手な乳首クリップを持たせて、何度も何度も何度も寸止めしてあげた。

    手を止める度に「そんなぁ〜…」って情けない声出すのが私はすっごく気持ちよかったよ。
    最後はもう、痛いのか気持ちいいのかも分からないままイッちゃったね。

    私の玩具としては、もっともっと楽しませてくれそうだから。
    また遊ぼうね。




  • 異物挿入



    アナルをいーっぱい虐められたい変態くん。

    だけど、清楚な受付嬢の服の下にはボンテージを着ていたから私も変態だね。


    奴隷の姿になったお前。
    さっきまでとは顔つきも違って見えたよ。
    四つん這いにさせて、指で軽くお尻の間をなぞるだけで声をあげちゃって…。


    前立線を責められてイキそうになるぐらい、情けない姿で沢山感じちゃったね。

    受付嬢の服を脱いでボンテージ姿になり、アナルに浣腸。
    洗面器に張ったお水が全部入っちゃうんじゃないかと思うぐらい、沢山入れちゃった。

    お腹が苦しいのを我慢して、鞭も受けられたね。
    あまり鞭は得意じゃなさそうだったから控えめにしてたんだけど、「思いっきりやってください」なんて言われちゃったから、力一杯振り下ろしちゃった。


    お腹が我慢できなくなって、出してるところ全部見られて。
    排泄してるところ見られるなんて情けないでしょ?屈辱的な気分だった?


    全部出してすっきりした後、今度は異物挿入。
    うずらの卵5個も入っちゃったね。
    1個形が崩れて挿れられなかったから、今度は全部挿れてあげるね。


    沢山気持ちよくなって、最後は私に甘えて縋り付いてイっちゃったね。

    奴隷に「好き」なんて言われたの初めてだったから、その言葉がなんだかすごく印象的だったよ。

    また沢山虐めさせてね。


<< | 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | > | >>
※このページに掲載されている文章および画像等、すべての著作権は 「新宿SMクラブSpanky(スパンキー)」様(http://www.smspanky.com/)に帰属します。
これらの画像、テキスト、イラスト等全てのデータに関して、無断転載(画像に関しては直リンクも含む)することは固く禁じます。
商用サイトをはじめ趣味・個人サイト等、いかなる場合も例外は認めませんので、絶対に転載等をなさらないようご注意ください。