メイ
?歳
?型
身長:160cm
B:84(?カップ)
W:57
H:88
※画像をクリックすると拡大表示が見れます。

はじめまして、メイです。 周りには変態だってことを隠せても私には通用しないわ。本当は身も心もボコボコに叩きのめされたいんでしょう? あなたの悲鳴と無様な顔が私の大好物なの。だからすべてを曝け出して堕ちてしまいなさい。 色々なことに挑戦したいからあらゆる練習台も募集してるわ。 一緒に楽しみましょう。よろしくね 【関連サイト】 女王様データベース

メイの投稿!!写メ日記



  • 絞め技練習中



    こんにちは、メイです。

    絞め技は4の字くらいしか分からなかったかも…と思ったら、4の字以外もやってるじゃない。
    それでもやっぱりあんまり種類を知っている訳ではなくて、この他に出来るのは69絞めくらいかしら?
    だからまだまだ練習台を募集してるよ。

    ちなみに一番好きな絞め技は三角絞め。
    覚えたてなのだけどフィット感が好きなのよね。それに下にいる私に締められて動けないのって、見下ろされてるより逆に屈辱的じゃない?
    絞められて幸せそうな奴隷も好きだけれど、抵抗しようとして逃げられない奴隷を見るのもとっても楽しいわ。
    なんだか、報われない努力をしているのって、一周回って微笑ましい笑
    この奴隷も「悔しい〜!」って何度も言っていたけれど、私にとってはただ面白いだけでしかなかったよ。
    また私のおもちゃになりにおいで。



  • 負け豚



    こんにちは、メイです。

    見て、この脂肪の塊。
    まさに豚と呼ぶべきだらしない姿よね。
    いつもサンドバッグに志願してくる奴隷たちはある程度身体を鍛えていることが多いのだけど、この豚は全然鍛えていないからあんまり役に立たなかったわ。
    だからサンドバッグとして扱うんじゃなくて、立派なサンドバッグになるよう調教することにしたの。

    でも筋肉が無いせいで蹴ってもすぐ根を上げるし上げさせた腕も段々と下がってくるし情けないことこの上ないわぁ。
    「この情けない写真みんなに見せちゃうよ?」と言うと「見てもらいたいです…」って情けない自分を見てもらいたいマゾらしく、もう根性が負けてるわよね。
    フィニッシュも負け豚らしく足で顔を踏まれながらイっちゃった。

    足で顔を踏まれるのが好きな奴隷って結構いるけれど、完全に女に屈服してるわよね。男として、人間として情けなくならないのかしら。

    逆に私は踏みつけて屈服させるのが好きだからいいのだけど。



  • ハイキック



    こんにちは、メイです。

    最近ブログを見てサンドバッグになりに来てくれる奴隷が増えたわ。
    グローブやレガースを着けて裸のサンドバッグを嬲るのは本当に楽しくってやめられないわね。
    どれだけ下がっちゃいけないよって踏ん張らせても、拳を打ち込むと後ろに下がっちゃうから罰としてお腹に蹴りと膝蹴りをお見舞いするの。

    それから、この間最初からハイキックを受けるつもりでヘッドギアを注文した奴隷がいたから頭にハイキックを打ってきたわ。実はヘッドギアを注文されたのは初めてだったから、頭にハイキックするのも初めてだったのよね。
    前からずっと頭まで届くハイキックを打ちたいと思っていたからすっごく楽しかったよ。
    何回か打つとヘッドギア越しでも衝撃が凄いらしくて、フラついて膝をついたからそのまま関節技でお仕置き。

    関節技は前に別の奴隷が教えてくれたのだけれどこれも楽しいわね。私は大して力を入れていないのに痛がっている情けない顔を見ると笑っちゃう。特に膝四の時がお気に入りだけれどまだ上手く出来ないから練習台が志願してくれるのを待ってるよ。

    そして話は戻るけれどこのハイキック奴隷は無能な社員で私は女社長。無能な社員をクビにしようとしたら「何でもします!」と縋り付いてくるから、私専用のサンドバッグとしてもう一度チャンスを与えることにしたの。
    最初はペチペチと蹴ったりしてウォーミングアップをしてから、グローブとレガースを着けて猛攻撃すると突然強くなった蹴りにうめき声を上げていて情けなかったわ。
    前蹴りで壁際に追い詰められると逃げられなくて、文字通りサンドバッグ状態だったね。
    後ろが壁の状態で飛び蹴りをしたら吐くかなと思ったけれどそこは意外と丈夫だった奴隷。そのくせトドメのハイキックではヨロヨロしていたからダメね。

    もっとハイキックや関節技を練習して、奴隷をボコボコにする快感に浸りたいから志願してくれる奴隷を待ってるわ。



  • 脚フェチ



    こんにちは、メイです。

    脚フェチって太腿に挟まれたり踏まれるだけで本当に幸せそうな顔するんだから、もっとギュウギュウに挟んで締め落としたくなるわね。

    私の脚はマタタビなのかしら?
    ローションでヌルヌルにして足コキしたら気持ち良すぎるって顔で悶えていて快楽責めみたいだったね。

    でも次はもっと我慢してもらうわよ。我慢のできない奴隷にご褒美なんて無いんだから。



  • シャワーで水責め



    こんにちは、メイです。

    文字通りの水責めをしたわ。
    鼻から水が入ってこないようにするには息を吐き続けるしかないけれど、ずーっと吐いていられる訳でも無いし本当に苦しそうね。
    今までで1番苦しそうでとっても楽しかったわよ。

    今度はどんな風に苦しめようかしら?
    早く奴隷が私のために頑張る姿が見たいな。



  • ボコボコ



    こんにちは、メイです。

    本格的にグローブをはめて、ボコボコに蹴ったり殴ったりしてきたわ。
    殴られたい癖にひ弱ですぐ肌が赤くなっちゃったね。
    それにローキックを何発か入れたら立っていられなくなっちゃったけれど、女に負けて恥ずかしくないのかしら?

    他にもスリーパーホールドをきめたら気持ちよさそうにしてくれたわね。意識を失う感覚が好きだなんて真性のマゾの証だわ。

    今度はちゃんと耐えられるように身体を鍛えてからまたいらっしゃい。
    私はいつでも貴方みたいな男をボコボコにしたくて仕方がないんだから。



  • 呼吸管理



    テープで身体をぐるぐる巻きにして動けないよう圧迫したのだけど、まるで芋虫みたいで笑っちゃうわ。無様な姿ね。

    この日は徹底的に呼吸管理をしたのだけど、やっぱり苦しみ悶える姿を見るのって大好き。
    口から手を離して息をする事を許してあげてからまたすぐ口を開けて塞ぐと苦しいでしょう?
    繰り返せば繰り返すほど苦しくって堪らないわよね。
    私のために必死に呼吸を我慢している姿はたまらないわ。


    ところで顔の上にティッシュをのせて水をかけると、ティッシュが口に貼り付いてとっても苦しそう、という提案でやってみたのだけど、これが本当に苦しいのよ。
    僅かに息が吸えるのが逆に苦しそうで楽しかったわ。
    「吸って〜吐いて〜吸って〜吐いて〜」と文字通りの呼吸管理をしてあげたの。
    吐いて〜のところを長くしすぎると苦しみで暴れ出すからそれが楽しくってついつい意地悪しちゃったわ。

    また沢山呼吸管理させてね。



  • 玉潰し



    こんにちは、メイです。

    玉を容赦なく潰すのって楽しいわね。
    「あんまり強くないです……」なんて言っていたのにいざ蹴ってみたら案外強いのよ。

    ひたすら金玉をいじめ抜いてください、とのことだからまずは立たせて蹴るの。どれだけ痛くてもしゃがんでしまったら奴隷失格よねぇ?

    粗末な金玉を2度と使えなくしてやる!って気持ちで蹴って殴って握り潰して、情けない悲鳴を楽しむのがクセになりそう。潰れてないうちは男なんだから頑張りなさいよね。
    最後は完全に容赦が無くなって思いっきり握り潰したり膝で蹴ったりしたけれど、それが良いみたいね。
    顔は必死に耐えてるのに喜びが隠せていなくてはしたないからもっと酷くしてやったわ。

    これ以上力を込めたら本当に潰れてしまうかも……って緊張感が最高なの。蹴るのも良いけれど直接手で潰すのが特にお気に入り。
    男として使い物にならなくなりたい奴隷は志願しなさいね。



  • 蹴りたい背中



    こんにちは、メイです。

    先日はミニスカートでひたすら膝蹴りされたい変態が来てくれたわ。
    私、蹴るのが大好きでキックボクシングを習っているの。だから蹴られたいんです……なんて言われた時は嬉しくて思わず笑顔になっちゃった。
    お尻を蹴って、お腹を蹴って、顔面を蹴って、ビンビンになってる股間も蹴って……。本当に楽しかったわ。
    股間を蹴った時は痛そうにしていたけどそんなの私に関係無いからもっと蹴ってあげたの。自分から蹴られたいって言ってきたのだから痛くても気持ちよかったわよね?
    その証拠にリンチのように蹴られたのにずっと勃起させていたでしょ。ド変態もいいところね。

    そんな訳で私のサンドバッグになりたい奴隷を募集中です。お手本のように綺麗な蹴りをキメてあげるわ。
    それからこういった事情で脚に痣がある事があるけれど許してね。



  • はじめまして



    初めまして、メイです。

    夢は私に従順な家畜をたくさん飼って、どこか自然の素敵な所で牧場を開くことな
    の。

    だから私の家畜になりたい豚は早く名乗り出て頂戴ね。



    ところでこの間、早速見込みのありそうな家畜に会ってきたわよ。こんな風に首輪を
    付けられながら私の靴を舐めて、興奮しているのかしら。ご主人様の靴はそんなに美
    味しい?



    それから別の犬。私に首を締めてもらって本当に嬉しそうだったわね。「メイ女王様
    に殺されるなら嬉しいです」だなんて、そんなこと言われたらドキドキしちゃうわ。

    また締めの練習台になりに来てね。



    メイ

1
※このページに掲載されている文章および画像等、すべての著作権は 「新宿SMクラブSpanky(スパンキー)」様(http://www.smspanky.com/)に帰属します。
これらの画像、テキスト、イラスト等全てのデータに関して、無断転載(画像に関しては直リンクも含む)することは固く禁じます。
商用サイトをはじめ趣味・個人サイト等、いかなる場合も例外は認めませんので、絶対に転載等をなさらないようご注意ください。